愛犬や愛猫を迷子にしてしまったらすべきことを記事にしてお伝えしましたが、
もしかしたら迷子になってしまったであろう子などを保護することもあるかと思います。

その時にして頂きたいことをまとめます。


犬や猫を保護した際に、
・飼い主さんを捜す
・関係機関に届け出する

ということをしないまま、いきなり「里親さん募集」をしてしまう方がいます。
実際にこういった方が少なくないのですが、もしかしたら保護したその子を必死に捜している飼い主さんがいるかも知れないということを念頭においてください。

迷子札はついてませんか?
首輪に鑑札がついてませんか?
もしかしたらマイクロチップが入っているかも知れません。
警察や動物病院などでマイクロチップリーダーがあれば装着されているか確認できます。

犬・猫を保護した時にすべきこと

1. 関係機関への届け出
・動物愛護(保護)センター
・保健所もしくは健康福祉センター
・警察署
・市役所または区役所
お住まいの地域の管轄だけでなく、市や県を跨いで移動してしまっている可能性も考慮して隣接した近隣の関係機関にも保護している旨の届け出をしてください。
警察への届け出の場合は、「拾得物」として取り扱いになります。※1
また、各行政機関での横の繋がりはない為、情報の共有はされません。
飼い主さんが届け出ている場合にすぐに照会できるよう、各機関への届け出をお願いします。
※1 届け出から3ヶ月間は、拾得者に所有権はありません。
所有権が拾得者に移動する前に第三者に譲渡等してしまった場合、遺失者から返還を求められた際は返還に応じなければいけません。

保護してくださっている情報は千葉県の場合、下記のようにHP上で掲載されます。




2. SNSでの情報発信
・飼い主さんに繋がりやすくなるよう、保護している旨を発信できるツール、Twitter・facebook・ブログなどSNSでの情報拡散をしてください。


3. ポスターやチラシを作成する
・ポスターはA4サイズ、チラシはA5サイズ(A4の半分)がベストです。
できるだけ特徴が分かりやすい鮮明な写真と、犬(猫)種・性別・推定年齢・大きさ(体重)・毛色などの特徴を明記して、
保護した場所・日時も書き入れて、連絡先を掲載します。

作成したポスターは人目に付きやすい場所に貼り、動物病院や店舗などにも掲示の許可を得て、できるだけ多くの人の目に触れるようにしましょう。


4. 医療処置
・保護した際はできるだけ動物病院などで健康観察をしてもらってください。
外傷などが見当たらなくても、目に見えない負傷や病気を患ってしまっているかも知れません。


保護できず、目撃だけの場合は…

保護しようとしたけれどできなかった、運転中に見かけたなど、目撃するだけに終わってしまうケースも多いかと思いますが、
その際も、目撃情報として上記の1~2をして頂いた方が、捜している飼い主さんに繋がる可能性が高くなります。

見かけただけで定かではなくて、、、保護できなかったから躊躇する、、、という気持ちを一歩踏み出して頂けたらと思います。
実際に目撃情報をSNSに投稿したことから、捜している飼い主さんに繋がったケースはとても多いです。


 捜している飼い主さんがいるかも知れないことを念頭に 

あなたが保護してくれたその子を、あなたが見かけたその子を
必死に捜している飼い主さんがいるかも知れません。
汚れているから…状態がひどいから…など、容姿だけで捨てられたと判断せずに
迷子の間に痩せてしまったり、ボロボロになってしまったりする可能性も考慮してください。

保護してくださった、見かけたことをお知らせくださったあなたの善意が
飼い主さんと迷子さんが再会できる結果に繋がりますように。