春先から続いていた乳飲み子の収容ブームの中、18頭の子達を引き受けてくださったTさんがお預かりくださるとのことで、収容期限が切れた子猫をお迎えに行って来ました。
77126
ずっとフミフミしている甘えん坊ちゃんです。

今は犬も収容数が例年よりぐっと少ない状態なのですが、猫も然り。
いつもならミーミーと沢山の鳴き声がひしめく部屋もひっそり。
お目当ての子の隣にぐったりと横たわる子猫が目に入って、慌てて触ってみるともう冷たくなり始めてる…。
このまま置いて帰るのも忍びなくて、急遽引き受けることに。

77124

77125
職員さんにホッカイロを入れてもらって毛布でくるんだら、にゃーと鳴いてくれたので
もしかしたらこのまま適切な治療をしてもらえたら元気になれるかも!!
と、撫でながら急いで車を走らせましたが、、、
京葉道路の花輪インターチェンジを過ぎた辺りで小さくか細く鳴いたのが最期で力尽きてしまいました。
ショック、、、
収容されたという昨日の時点ですぐに出していれば、もしかしたら間に合ったかも。

ここ数日の悪天候の中、こんなに小さな子がどこでどうしていたのか、、、
どうせ収容されるなら、もっと早く収容されさえいれば。
今日というタイミングではなく昨日会っていれば。
いや、そのもっと前の時点で外で生まれてしまわなければ。
おうちの中で安全に暮らせていたのならば。
この子は小さくして力尽きてしまわなくても、生きられる道を進めたかも。

あらゆるタイミングで分かれ道があったでしょうね。
助けてあげられなくて残念です。

女の子だったので、花輪インターチェンジにちなんで「かりんちゃん(花輪を音読みで)」として葬ります。


外で暮らす猫にご飯をあげるのならば、過酷な外での暮らしを強いる状況ならば、そんな生活をさせるのはその代で終わりにできるよう、産ませない努力をしてください。
かりんちゃんのような小さな子達が犠牲になってしまうのを見るのはもう懲り懲りです。

安全で安心な生活をさせてあげられるのか、過酷な状況で命を終わらせてしまうのか、その分かれ道を適切に選択してあげられるのは人間です。
分かれ道から間違った方へ導いてしまわないよう、責任を持って努力すべき。

かりんちゃんは残念な結果になってしまいましたが、フミフミの甘えん坊ちゃんが元気に育つよう、応援よろしくお願い致します!
Tさん、フミフミちゃんをよろしくお願い致します。