千葉県動物愛護センター お散歩隊

千葉県動物愛護センター本所でのお散歩ボランティアのご案内とレポート

2018年10月



一口フード支援にご協力くださっている皆さま、センターの子達の為にいつもありがとうございます!!

月25日~10月29日までご支援くださった方のお名前をイニシャルで記載させて頂きます。
記入漏れ、表記間違いに気を付けておりますが、万が一間違いがございましたらお知らせください。

月(24日〆)繰り越し分   30,151円

失礼ながら敬称を略して記載させて頂きますことをご了承ください。


《9月25日》
C・Nエ      5,000円
M・Mミ     10,000円

《9月26日》
T・Nコ      3,000円

《8月28日》
・Nコ      5,000円

《10月5日》
Y・Sコ      1,000円

《10月10日》
A・Kエ       500円

《10月11日》
S・Mロウ     ,000円

《10月17日》
浦安 さくら動物病院募金箱 16,000円

《10月18日》
O・TルLLLL  5,000円

《10月22日》
K・Sラ      5,000円
K・Mリ      5,000円

《10月25日》
C・Nエ      5,000円
K・Yイ      2,000円
A・Cカ     10,000円
T・Nコ      3,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      計    76,500円
       合計 106,651円

 


千葉県動物愛護センター本所 お届け・購入済フード、猫砂等


《10月17日》
青空☆お日さま☆笑顔 Chieさんへ医療費 10,270円

《11月2日お届け分》
子猫用ウェットフード24トレイ×5
(アムリット動物長生き研究所)     16,792円

成猫用ウェットフード50トレイ
(猫用品ゴロにゃん)          15,292円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       残   64,297円



青空☆お日さま☆笑顔 のChieさんが治療を引き受けてくださっている支所の子達の手術が続いており、本所の子も支所の子も同じセンターの子です。
適切な治療を受ける為の費用の足しになるよう一口フード支援から送らせて頂きました。
個別にChieさんの元にいる子達の医療費の援助をしてくださる方は、直接Chieさんにお問合せください。



こうして少しずつではありますが、有効的に使わせて頂けるのも、一口フード支援にご支援ご協力くださっている皆さまのおかげです。
いつもセンターの子達へお心をお寄せくださってありがとうございます!
必要なところへ使わせて頂けるよう、引き続きご支援頂けたら幸いです。


また、今年中に消費するドッグフードについては現時点で足りているとのことです。
バスタオル・フェイスタオルについては感染症予防の観点から使い捨てにすることが多い為
年間を通して不足しがちですが、
冬場は猫達の暖をとるためや、老齢の犬等にも使用することが増えます。
新品でなくても構いません。
破れやほつれがなく洗濯済みの清潔なタオルであれば助かりますので、お送り頂けるとありがたいです。

同時に、暖房設備のない中、猫達のケージでホッカイロを使用します。
ご支援頂ける場合は
保温持続時間20時間以上のもの でお願い致します。


ご理解、ご協力をよろしくお願い致します。



【 一口フード支援受付口座 】
千葉銀行 浦安支店
普通口座 3723687
オサンポタイ フード




本日はモデル犬達4頭と収容犬達43頭の、合計47頭のお散歩となりました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございます!


お散歩に連れ出した子達をご紹介します。
DSC_0693-1




DSC_0697-1
ポピーくん




DSC_0688-1
カブトくん




DSC_0700-1
ステンくん




DSC_0707-1




DSC_0714-1




DSC_0717-1




DSC_0721-1




DSC_0726-1




DSC_0760-1




DSC_0750-1




DSC_0777-1




DSC_0763-1
ベーコンくん




DSC_0775-1
アサヒくん




DSC_0782-1
キャラメルくん




DSC_0789-1




DSC_0793-1
たまごくん




DSC_0795-1




DSC_0807-1




DSC_0817-1




DSC_0809-1




DSC_0825-1
バズくん




DSC_0828-1




DSC_0857-1
しぐれ(ママ)・みぞれ(娘)・つみれ(息子)

DSC_0862-1
しぐれちゃん

DSC_0865-1
みぞれちゃん・つみれくん




DSC_0849-1




DSC_0852-1
リッキーくん




DSC_0923-1
ミカちゃん




DSC_0927-1
テリチキくん




DSC_0932-1
ランちゃん




DSC_0943-1
チョップくん




DSC_0945-1
ブラックくん




DSC_0951-1
コン太くん




DSC_0957-1
エイトくん




DSC_0961-1
サワーくん




DSC_0967-1
ボンくん




DSC_0970-1
ノッチちゃん




DSC_0989-1
サリーちゃん




DSC_0993-1
パーカーくん




DSC_0997-1
ブーマーくん




DSC_0974
                   ベンくん





D部屋の子達です。
DSC_0867-1


DSC_0869-1




E部屋の仔犬達です。
DSC_0871-1






ピントがケージに合ってしまい、どの子もみんなピンぼけになってしまいましたが
犬だけでなく猫達も多く収容されています。
DSC_0877-1



DSC_0878-1



DSC_0879-1



DSC_0881-1



DSC_0888-1



DSC_0891-1



DSC_0893-1



DSC_0898-1



DSC_0903-1



DSC_0906-1



DSC_0908-1



DSC_0909-1



DSC_0913-1



DSC_0914-1



DSC_0915-1



DSC_0916-1



DSC_0918-1



DSC_0919-1


仔犬、子猫達の親犬は、親猫はどこでどうしているのでしょうか。
たった一度で済む手術をしないことで、命をかけて生んでも取り上げられ
生まれた子達は【 不要 】と捨てられてしまうのでしょうか。

犬や猫と暮らすならば、命に責任を持つという当たり前の自覚をしてほしいものです。
いらない命なんてありません。




先日、我が家の盲目の子の為におもちゃとマタタビの枝を沢山お送り頂きましたので
センターの猫達にもおすそ分けしました。

エイズ部屋の子達も夢中になって遊んでくれました。
DSC_0912-1
Yさま、ひとつひとつ丁寧に作ってくださってありがとうございました!!





次回のお散歩ボランティアは11月2日(金) に実施予定です。
40頭以上をお散歩に連れ出す為、お一人でも多くのご参加を頂けると
その分一頭にかける時間に余裕を持つことができます。
ご都合のつく方は是非ご協力をお願いします。



隊長が雨女だという疑惑がセンター内で噂されていて(笑)、
毎週金曜日は決まって雨・・・というジンクスが作られつつあり
今日も天気予報を見てはヒヤヒヤしましたが、パラパラっとお天気雨のような時はあったものの
全頭濡れずにお散歩に連れ出すことができました。


モデル犬含む48頭と、久しぶりに多めの頭数のお散歩となりました。

今回撮影できた子達をご紹介します。
DSC_0452-1




DSC_0455-1




DSC_0443-1
ムックくん・レオンくん・いのちゃん(モデル犬)




DSC_0444-1
小春ちゃん(モデル犬)




DSC_0458-1




DSC_0469-1
DSC_0470-1
カブトくん





DSC_0473-1
ポピーくん




DSC_0476-1




DSC_0482-1
ステンくん




DSC_0486-1




DSC_0488-1




DSC_0507-1
ベーコンくん




DSC_0495-1




DSC_0509-1




DSC_0531-1




DSC_0534-1
アサヒくん




DSC_0539-1




DSC_0544-1
しぐれちゃん

DSC_0557-1
みぞれちゃん

DSC_0575-1
しぐれ・みぞれ母娘
DSC_0626-1
つみれくん(しぐれちゃんの息子)




DSC_0550-1




DSC_0555-1
DSC_0579-1
キャラメルくん



DSC_0183-2





DSC_0578-1




DSC_0586-1




DSC_0587-1
リッキーくん




DSC_0596-1




DSC_0614-1




DSC_0594-1




DSC_0602-1




DSC_0622-1




DSC_0629-1
ブレンドくん




DSC_0632-1
DSC_0634-1
ランちゃん




DSC_0637-1
ベンくん




DSC_0640-1
テリチキくん




DSC_0643-1
チョップくん




DSC_0647-1
サワーくん




DSC_0657-1
ノッチちゃん




DSC_0652-1
エイトくん




DSC_0658-1
サリーちゃん




DSC_0661-1
パーカーくん




DSC_0666-1
コン太くん




DSC_0669-1
ブラックくん




DSC_0672-1
ボンくん




DSC_0677-1
ブーマーくん




198
                    バズくん







E部屋の子犬達です。
DSC_0514-1

DSC_0516-1

DSC_0529-1

DSC_0522-1

DSC_0526-1

DSC_0530-1
君たちみんなが明るい未来に向かってまっすぐ歩んでいけますように。







73747

O・Tさん、T・Rさんからドッグフードのご支援を頂戴しました。
ありがとうございます!!



次回のお散歩ボランティアは26日(金)に実施予定です。
このところご参加頂ける人数が足りず、ご協力のお願いを出すことが多いのですが
選定後に新しく譲渡対象犬もしくは、その予備軍として残してもらえる子が増えている為
お一人でも多くのご協力を頂けると助かります。
どうぞよろしくお願い致します。




10月31日(水)に予定している講座 Part5ですが
詳細はこちらから ⇒ 講座 Part5

20日(土)で受講申し込み受付を締め切らせて頂きます。
b0c8a5e5103f0f5500b987e5ed7198d6_s


Part5では常同行動・異常行動について獣医師である牧口先生の講義を受けます。
動物行動学に基づいた、分かりやすくやさしい内容で犬や猫への理解を深めます。


単純に問題行動と捉えてしまい、しつけやトレーニングといった形で解決しようとしても
正しいアプローチをしないがために悪化させてしまうことも少なくありません。

異常行動を動物行動学の観点から正しく理解しケアする方法を学びます。
きちんと理解してあげることでご家族と愛犬との関係性もより良いものになっていきます。
この機会に是非お申込みください。





お散歩ボランティアにご参加くださるサポーターの皆さま、いつもご協力くださって本当にありがとうございます!
おかげさまで本日も収容犬のうち29頭をお散歩に連れ出すことができました。

写真が撮れた子達をご紹介します。

DSC_0285-1

DSC_0314-1




DSC_0289-1
ポピーくん




DSC_0292-1




DSC_0301-1
カブトくん




DSC_0303
ステンくん




DSC_0312-1




DSC_0317-1
バズくん




DSC_0320-1

DSC_0322-1




DSC_0330-1
リッキーくん




DSC_0352-1

DSC_0341-1
ブレンドくん
DSC_0362-1
ブラックくん




DSC_0358-1




DSC_0367-1




DSC_0371
小春ちゃん(モデル犬)




DSC_0374
ムックくん(モデル犬)




DSC_0376-1
レオンくん(モデル犬)




DSC_0377-1
いのちゃん(モデル犬)




DSC_0380-1
ボンくん




DSC_0387-1
サリーちゃん




DSC_0393-1
コン太くん




DSC_0396-1
パーカーくん




DSC_0401-1
サワーくん




DSC_0407-1
ランちゃん




DSC_0409-1
エイトくん




DSC_0415-1
ノッチちゃん




DSC_0425-1
ベンくん




DSC_0430
テリチキくん




DSC_0438-1

DSC_0419-1
ブーマーくん




DSC_0418-1
                   チョップくん



そろそろホッカイロのご支援のお願いをしたいと思っています。

皆さまにご支援頂きたいホッカイロは貼らないタイプのもので、
保温時間20時間以上のものでお願い致します。

夕方職員さんがお世話をしてくださった際に、翌朝まで使用するホッカイロをそれぞれの猫達のケージへ入れてくださいますが
翌朝また職員さんに交換して頂くまで、猫達は暖房のない部屋の中でホッカイロに頼って16時間以上過ごさなければいけません。
10時間や12時間のタイプのものですと朝までは保温できずに寒さに堪えることになりますので、できるだけ長い時間保温できる20時間タイプのものでお願いしています。

72180
また同時に、ホッカイロが直接肌に触れたままになることで低温やけどを防ぐ為にも、今年もホッカイロ袋をお願いすることになると思います。
(まだいくらか在庫がありますので急いで募集しておりません)
特に子猫などはそのリスクが大きい為、汚れたら捨ててしまうホッカイロ袋が必要になります。
本格的に消費する時期まで今頃から少しずつ作りためてくださるとありがたいです。

ホッカイロの他、引き続きフェイスタオルもご協力頂けると幸いです。
お送り頂く場合は下記までお願い致します。

〒286-0211
千葉県富里市御料709-1
千葉県動物愛護センター 愛護管理課
0476-93-5711




本日お持ち寄り頂いたホッカイロや新聞紙、タオルなどです。

72179
直接センターまでタオル等をお送りくださった方々もいらっしゃるようで、
続々と届いているとのことでした。
ご支援くださった皆さま、あたたかいお気持ち、ご協力ありがとうございました!!



次回のお散歩ボランティアは19日(金)に実施予定です。
ご都合のつく方は是非ご協力ください。
どうぞよろしくお願い致します。

↑このページのトップヘ