雪がちらつく中、今回は4名でのお散歩でしたので、
まずは普段外へ出る機会がない収容棟の子達を優先に!と、
仔犬犬舎にいる子達やドッグランに出て動ける子達は後回し、、、でお散歩に連れ出し、
午後から少しずつと思っていた矢先、雪が雨に変わってしまった為、
みんなの身体の冷えを考慮して収容棟以外の子達のお散歩は中止しました。

その為申し訳ないかな、モデル犬達6頭と譲渡管理室にいる子達とその他の子達はお散歩に連れ出すことができず、、、
収容棟内の子達のみ20頭のお散歩になりました。


写真が撮れた子達をご紹介します。

DSC_0020-1




DSC_0013-1




DSC_0027-1
なっちくん




DSC_0031-1
いろりくん




DSC_0046-1




DSC_0057-1




DSC_0067-1
ういろうくん




DSC_0050-1
ステンくん




DSC_0068-1




DSC_0080-1




DSC_0085-1




DSC_0098-1
かまどくん




DSC_0102-1




DSC_0129-1




DSC_0118-1




DSC_0136-1
きんつばくん




DSC_0126-1




DSC_0144-1




DSC_0147-1
らんまくん







91628
山手お散歩連合の皆さまから毛布と、副隊長の里親さまから新聞紙をご支援頂きました。
ご協力頂きましてありがとうございます!!







そして、、、今日は2年半ぶりにセンターから外へ出る子が。

DSC_0159-1
副隊長預かりのモナちゃんです。
仔犬犬舎に2016年から2年半もの長い間、ずーーーーーっと収容されていました。
その間、沢山の子達の出入りがある中、一体どういう思いで2年以上の月日を過ごしてきたでしょうか。

ほぼほぼ人との交流がないまま、、、社会化のための練習も積めず、いつしかモナちゃんは処分対象になっていました。

お散歩に連れ出す練習の機会もないまま、センターの露と消えていってしまった子達を
これまでに一体何頭見送ってきたでしょうか・・・。

お散歩にご参加くださる人数が多かったり、お散歩に連れ出す子の頭数が少ないなど、ほんの少しでも余裕のある時は、ふれあいの時間を持つこともできましたが
正直なところ、納得のいくふれあいの時間は全然取ってあげることができなかった。

それでもそのわずかなふれあいの時間の中でも、わずかな希望をモナちゃんに見いだせたからこそ
副隊長が受け入れをする決意をしてくれました。

今日からモナちゃんは経験したことのない毎日を送ることになるでしょう。
でもきっと大丈夫。
いつかそのうちに 「卒業」 という嬉しいご報告ができる瞬間がやってくると思っています。



私が副業(なのか??)で行っているクリスタルヒーリングのセッションのご依頼時に、
問題行動に悩んでトレーナーさんに来て頂いたけれど(または通ったけれど)、目に見えて改善はしなかった。
アニマルコミュニケーターさんに気持ちを聞いてもらって「こうしてほしい」という要望を聞いたけれど、イマイチ…。
などなど、病気の他に問題行動や家族関係についてもアドバイスを求められることが多いです。

どちらに依頼しても、いつまで経っても変化が見られない、もしくは一向に改善の兆しがないというのは、
飼い主さんの本気で変わろう!という意識が足りなかったり、アドバイス通りにやってるつもりでちょっとだけ何かが足りなかったりという場合もあるでしょうし
そもそもトレーナーさんのアドバイスやアニマルコミュニケーターの的がずれているということも考えられると思います。

スタート時に5度違ってしまっているままペンを滑らせていっても、気が付くと大きくずれてしまっている、、、ということと同じです。

私の師匠もどちらも根本的な解決にならないことが多いとおっしゃいます。
四の五の能書きをならべたところで、それが「こうであるべき」という思考のもとになされた方法ではないのか?
要望が本当だとして、それ以上に無駄に自分の気持ちを押し付けてしまっていないか、、、
心と身体が健康でいられる状況にできているのか???
まずは飼い主さんご本人がご自身を見つめ直すと同時に、意識改革をすることが大切だと思います。


そういったお悩み相談を見聞きしていると、センターの子達はなんていい子達ばかりなんでしょうか。
どうしてこの子を手放したのかな…??と思うような子ばかりです。

家庭に入って、人間側の勝手なエゴや意識で「いい子」じゃなくしてしまっているのは人間なんだなぁと、つくづく実感します。

いい子じゃない子なんて一頭もいません。
共に歩みを進めて、見つめ合いながら絆を深めていってくださるご家族と共に
どの子もみんなが持っている 「生きる権利」 を全うしてもらいたいなぁと思います。

消えゆくはずだったモナも、生きる権利を全うできるチャンスがやってきました。

真面目に語ってしまいましたが、センターにいるから可哀想、、、ではなく、
逆に、適切に飼育できない飼い主の元からセンターに来て、更にまた幸せのチケットを手にできることをヨシとして、尊重しつつ向き合っていけたらいいなと思っています。

あかるい未来への第一歩を歩み始めたモナちゃん、そしてそのチャンスを待つセンターの子達の応援、よろしくお願い致します!!



次回のお散歩ボランティアは22日(金)実施予定です。
ご都合のつく方は是非ご協力ください。