千葉県動物愛護センター お散歩隊

千葉県動物愛護センター本所でのお散歩ボランティアのご案内とレポート

◆一口フード支援口座◆
千葉銀行 浦安支店
普通口座 3723687 オサンポタイフード

急いで撮ったのでイマイチな画像なのと、それぞれの推定年齢など不明のままで申し訳ないのですが、
センターのFIV部屋にいる子達のご紹介です。
65793


65794


65795


65796

FIVとは、猫免疫不全ウイルス(FIV)というウイルスに感染することでかかるものです。
一般的には猫エイズと呼ばれています。
詳細はこちらで⇒ http://psnews.jp/cat/p/43311/

発症しなければ健康な猫達と変わらない生活を送ることができます。
ですが、唾液などから感染する為、感染していない子達の同居は避けた方がいいと思います。
グルーミングなどで舐め合うこともあるからです。

すでにFIVの子達との生活は問題ないので、ごくたまに、先住猫さんがFIVだからFIVの子なら引き取れるという方もいらっしゃいますが、なかなかないことです…。

もちろん、一頭飼いであれば感染の可能性もないので心配ありません。
エイズという仰々しいネーミングの為にどうしても避けられがちなのですが、健康な子でも病気になるリスクはありますし、
FIVだからとご縁が遠のくのではなく、他の子達と同じようにチャンスがあるといいなと思います。


センターのFIV部屋は窓がなく、ひなたぼっこができません。
太陽光に当たることで体内でビタミンDが生成されたり、セロトニンが増えたりします。
日光浴は免疫力を上げる効果もありますから、FIV陽性ならば尚更ゆっくりとひなたぼっこのできる環境でのんびり過ごしてもらいたいです。

センターの一般譲渡は中止していますが、もし、ビビっっ!ときた方がいらっしゃれば引き出しのお手伝いも可能です。
気になる方がいらっしゃったらお散歩隊までお声かけください。
osanpo_center@yahoo.co.jp

FIV部屋の子達をどうぞよろしくお願い致します。


センターでは現在、一般の方に向けての譲渡会を中止していることから、ボランティアなどが引き出す以外には目立った譲渡が進んでいないのですが、
多頭飼育崩壊の現場から収容された大人猫へのご希望を頂いて、お散歩隊を通して譲渡となりました。
65444
※ケージにピントが合ってしまっていてボケてしまってすみません※
よく、「子犬・子猫の小さいうちからじゃないと懐かない」または「躾られない」などと聞くことがありますが、そんなことはありません。
犬も猫も大人になってからでも懐きますし、家族としての絆は小さい頃からでなくても、大人になってからでも深めていくことができます。
懐くには子犬ーーー!!子猫ーーー!!という縛りを捨てて向き合ってみることも考えてみてくださいね。
Mさん、長毛さんを末永くよろしくお願い致します。


今日のお散歩ボランティアは久々にモデル犬を含めた25頭のお散歩になりました。
DSC_1178-1
レオンくん・ムックくん兄弟(モデル犬)
DSC_1179-1
撮られる気ゼロの茶色いひと達
こまちちゃん・いのちゃん(モデル犬)


DSC_1181-1
バズくん


DSC_1182-1
ステンくん


DSC_1186-1



DSC_1191-1
プラムちゃん


DSC_1192-1
ロイドくん・ブーツくん兄弟


DSC_1199-1



DSC_1213-1



DSC_1225-1



DSC_0747-1



DSC_1238-1
クリンくん


DSC_1248-1
ポピーちゃん


DSC_1254-1
リラくん


DSC_1256-1



DSC_1262-1
リッキーくんを好き過ぎるドラゴンくん
DSC_1271-1
決して怒りはしないけれど
一人でのんびり歩きたいリッキーくん


DSC_1175-1
クリスくん


DSC_1172-1
ゆきちゃん


34090



DSC_1279-1
カットくん



DSC_1283-1
リンジーくん
リンジーくんも今でこそこのように
心と身体が緩んできましたが
↓ ↓ ↓
ビフォー
DSC_0069-1
収容された直後はこのような表情でした。

最初からニコニコで明るい子もいますが、大抵はリンジーくんのように
心と身体が硬直したまま収容されることがほとんどです。

人とふれあうこと、人と歩くこと、お散歩ボランティアを通じて体験しながら
みんなのペースで少しずつ緩んでいってくれたらいいな、と思います。


DSC_1205-1
広場の藤の甘い香りに誘われて、クマンバチが大きな羽音を立てながら一生懸命蜜を集めていました。
が、、、私たち人間はまだしばらくの間三密は避けましょうね。

次回のお散歩ボランティアは8日(金)に実施予定です。
参加申込み受付は3日(日)から開始しますが、引き続き人数制限ありでの実施となりますので
これまでに参加経験のある方のみ受付可能となります。
ご協力頂ける方はよろしくお願い致します。


一口フード支援にご理解、ご協力くださっている皆さま、いつもありがとうございます!

収容犬、猫達が少しでも快適にセンターで過ごす為にも、必要とされるところに必要なものをお届けできるよう、皆さまのお力をお借りできると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

お散歩隊がお届けしているフードとは別に、個人でセンターへドッグフードを届けたい、というご相談を頂きました。
センターの子達は健康状態がよくない状態で収容されることがほとんどです。
できましたら、ホームセンターなどで安価に買えるようなフードではなく、しっかりと栄養を摂ることができる犬の健康や材料に配慮したフードを選択して頂けると大変ありがたいです。
お届けするフードはどんなものがいいか分からない、、、という場合は、いくつかフードの種類などをご案内しますのでお問合せください。


3月31日~4月28日までにご支援くださった方のお名前をイニシャルにて記載させて頂きます。
記入漏れ、表記間違いには気を付けておりますが、万が一間違いなどがありましたらお知らせください。
※大変失礼ながら敬称を略して記載させて頂くことをご了承ください※ 

3月(30日〆)繰り越し分   46,061円

《4月3日》
浦安市さくら動物病院募金箱 15,000円
F・Hヨ      30,000円

《4月6日》
A・Rコ      20,000円
Y・Sコ       1,000円

《4月10日》
A・Kエ        500円

《4月14日》
K・Sラ      10,000円

《4月15日》
P・Aコ      10,000円

《4月22日》
K・Mリ       2,000円

《4月24日》
C・Nエ       5,000円
Y・Kコ       5,000円

《4月27日》
S・Mロウ      2,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     計   100,500円

千葉県動物愛護センターへお届けのフード・猫砂・雑貨他 

◎迷子ポスター・チラシ印刷代
       11,204円
◎おやつ、ビニール袋代、キッチンペーパー代
        2,831円

◎ドッグフード18,14kg×6袋
       38,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   支出計 52,035円
    残  94,526円


迷子捜索の際に配布するチラシを発注した為、その代金を一口フード支援の中から使わせて頂いたこと、お散歩ボランティア時に使用するビニール袋やキッチンペーパー、おやつなども買わせて頂きましたので、ご了承頂けると幸いです。

また、ご支援頂いた中から、マルタッチ・モールス・桜子さんへの医療費にと、ありがたいご連絡を頂きました。
大切に使わせて頂きます。
応援、ご支援、いつも本当にありがとうございます!


テキストプレースホルダ

引き続きセンターの子達へ必要な物資をお届けできるように、一口フード支援へのご協力をよろしくお願い致します。


↑このページのトップヘ