千葉県動物愛護センター お散歩隊

千葉県動物愛護センター本所でのお散歩ボランティアのご案内とレポート

◆一口フード支援口座◆
千葉銀行 浦安支店
普通口座 3723687 オサンポタイフード


旧お散歩隊ブログはこちらです ⇒
http://osanpoda.exblog.jp/

※センターは平日のみ開庁している為、お散歩ボランティアの実施は土日・祝日を除く平日となっております※
※ご参加にあたり、予め実施場所のご確認をお願い致します※
 ↓ ↓ ↓
アクセスについて  

次回10日(金)のお散歩ボランティアは


新型コロナウィルスの感染拡大予防措置により
参加人数制限がある為、参加経験ありの方を優先させて頂いております。

台風・荒天の場合は中止になります。
中止の場合のみ午前7時までにこのブログでお知らせしますので、
ご参加の皆さまはご確認の上お出かけください。



!次回10日(金)のお散歩ボランティアの参加申込み受付は締切ました!
参加経験のある方優先での受付です。ご参加頂ける方はこちらの専用フォームからお願いします。
 ↓ ↓ ↓
http://ws.fomzu.net/fgen/S84892369/
(PC・スマホの方)

http://ws.formzu.net/mfgen/S84892369/
(ガラケーの方)

◎お申込みくださった方には受付締切後にご連絡致しますので、それまでお待ちください。
◎初めてご参加される方も参加経験者の方も、お手数ですが毎回必ず上記の専用フォームからお申込みください。


DSC_0347-1
ロイドくん・ブーツくん兄弟


各自でご用意頂く持ち物
・飲み物、お弁当(※1)
・タオルや着替え(※2)
・ショルダーバッグ(※3)


※1 お昼はセンター近くのコンビニでも調達できますが、お弁当をご持参頂いても構いません。
センターには自動販売機がありませんのでご注意ください。
※2 汚れたり汗をかいたりしますので、タオルや着替えがあるといいです。
※3 両手を空けてお散歩して頂く為に、ショルダーバッグやウェストバッグをご用意ください。
お散歩中に処理したウンチも手に持たずにバッグに入れて頂きますので、安いもので構いません。
手提げやリュック等では片手が塞がったり、動きに制限がでますのでご遠慮頂いています。


※前日や当日の朝に雨が降った場合はお散歩に連れ出す広場が濡れている為、長靴をご準備頂いた方がいいです。

※夏場のお散歩は、休憩時間をこまめにとるように配慮しますが、
ご参加の場合は個々での熱中症対策をお願い致します。

※場所柄、蚊が多く発生しておりますので、お散歩隊で虫除けを用意してありますが
特定の虫除けなど決まったものが必要な場合は各自でご準備ください。


この件での千葉県動物愛護センターへの直接のお申込み・お問合せはご遠慮頂けますようお願いします。



必ずしも10時~16時まで居て頂かなくても大丈夫です。
お車でお越しの方であれば、途中参加・途中帰宅でも構いません。

お散歩は一頭につき20分程歩くだけですが、それでも外へ出てお日様に当たり、風に当たることで収容犬達のストレス軽減に繋がります。
お散歩に慣れていない、苦手な子はふれあいの時間を多く持つようにしています。

ご参加くださる人数が多ければ、その分一頭にかける時間に余裕を持つことができますので
お一人でも多くの方にご協力頂けると嬉しいです。


お散歩隊へのメール ⇒ osanpo_center@yahoo.co.jp

お散歩隊のfacebookページ ⇒ こちら

お散歩隊のinstagram ⇒ こちら


『 今すぐ始める社会貢献 』という特集でお散歩隊が掲載されました。
プレシャス5月号


まずはじめに、とても残念なお知らせから…。
DSC_1523-1

先週も元気にお散歩に出ていたリンジーくん。
センターで急死してしまったそうです。

最期は血を吐いて、、、だったそうですが、まるでそんな最期を迎えてしまうような素振りというか
具合が悪そうな様子は一切見られなかったところにきての急変。
これが家庭に入っていたのならば早く異変に気が付いていたのでは??というようなことも考えられないような状態からの急死だったので、本当に残念です。
DSC_1526-1
リンジーくんが笑顔でセンターを卒業する姿を見送ることができなくて悲しいよ。
次は健康な身体で生まれ変わっておいでね。
それまでバイバイね。

リンジーの冥福を心から祈っています。


悲しいお知らせの中、モデル犬達を含めて23頭のお散歩でした。

DSC_0124-1
トニーくん


DSC_0138-1
レオンくん・ムックくん(モデル犬)


DSC_0135-1



DSC_0141-1



DSC_0147-1



DSC_0164-1
うめちゃん


DSC_0167-1



DSC_0170-1
バズくん


DSC_0176-1
クリスくん


DSC_0183-1



DSC_0199-1



DSC_0202-1



DSC_0207-1
プラムちゃん


DSC_0213-1



DSC_0217-1
ロイドくん



DSC_0228-1
カブくん


DSC_0231-1
あまぐりくん


DSC_0237-1
ポピーちゃん


DSC_0234-1
ウェーブくん


DSC_0240-1
クリンくん


DSC_0241-1
ドラゴンくん


DSC_0246-1
カットくん



DSC_9624-1
次回のお散歩ボランティアは10日(金)に実施予定です。

毎週の受付開始時に初めてご参加を希望される方からお申込みを頂戴するのですが、
センターから参加人数の制限が解除になっていない為、大変申し訳ありませんが
これまでに参加経験のある方を優先に受付させて頂いておりますので、ご理解頂けると幸いです。



3年3ヶ月の間、ずーーーーっとセンターで暮らしていたステンくん。
75334

お散歩ボランティアレポートで登場する以外、ステンくんが収容されていることは他でどこでも知る由がない状態で、どこからも、誰からも声がかからないままセンターに存在していたんです。
3年3ヶ月ですよ。
3年3ヶ月も。

人間よりはるかに短い一生の犬の3年3ヶ月って、人間に換算したら一体どのくらいの年月になるでしょうか。
75330
このステンレスケージの中で、寒い日も暑い日も3年という月日をここで過ごしました。

「噛む」
「攻撃性が強い」

そんなレッテルを貼られたステンくんは、お散歩も私しか担当できません。
3年3ヶ月の収容生活の間に打つ狂犬病予防接種もワクチン接種も、私が保定して職員さんに打ってもらっていました。
゛隊長のみ担当 “ が普通の状態だったのです。

担当と言えば、、、
ステンくんはトイプードル。
定期的なトリミングが必要です。
毎月センターに入ってくださっているボランティアトリミングの皆さまのうち、たったお一人だけがステンくんのトリミングを長いこと担当してくださっていて
相場くんがTV番組内でトリミングする際にサポートしてくださっていたトリマーさん、と言えば誰もがご存じの有名な方でしょうか。
渡辺さんがずっと、ステンくんのトリミングを担当してくださっていました。
渡辺さんのfacebook→

昨日、その渡辺さん達のボランティアトリミング、通称ボラトリさん達によって
センターの子達のトリミングをして頂く際、ステンくんもセンターで最後のトリミングをして頂きました。


とにかくこの先もずっとステンくんの存在を知ってもらうこともない状態でセンターで過ごす訳にもいきませんし、ステンくんの可能性を信じて引き受けることにしました。

正直なところ、私ももうキャパはいっぱいです。
いっぱいどころかキャパはすでにもうオーバーしています。
我が家の面々のそれぞれのQOLを考えると、ギリギリ限界を超えています。
ですが、だからといって、ステンくんの収容年数を更新させ続ける訳にもいかないでしょう。

こういう子がいる訳です。
いるんですよ。
殺処分ゼロを声高々に謳ったところで、こういう、誰にも引き受けられないような子はどうしたらいいというのでしょうか?

「殺処分は違法!」
「殺処分なんてひどい!!」
「センターにクレーム入れよう!!」
「殺処分反対!!!!」
「殺されるなんて許せない!!」
「涙が止まりません!!」

こういった方々が、ステンくんのような子を引き受けられるのでしょうか?
引き受けてくださるのでしょうか?
引き受けられないのに、処分反対と声高々に叫んでいるのでしょうか。

私自身、殺処分は反対です。
しなくていいならしない方がいいと思っています。当然ですが…。

ですが、現実は???
どうでしょう???

ぶっちゃけ、譲渡に向かないとされるステンくんを引き受けるにあたり、
私はあらゆる部分での負担がのしかかりますよ。
その私のことは誰が助けてくれるのでしょうか??
涙が止まらない方の涙の代わりに、治療費や、保護にかかるお金を止め処なく出してくださるのでしょうか?
私の労力のヘルプをしてくださるのでしょうか?

そう愚痴っても始まらない!
やるならやるっきゃない!

殺処分反対の裏で、どのような現実があるのか、よくよく、よくその目で確かめてください。


75331
かかりつけの病院にて、健康チェックをお願いしました。
先生の安全を考えて、口輪をして頂いてからの検査です。

結果、先生も驚くほどの健康優良児のお墨付きを頂きました。が、、、
収容時すでにフィラリア陽性だったステンくんの身体の中の親虫は撃退できていませんでした。
今後も引き続き通年投薬にてフィラリア対策していきます。

フィラリアであることは残念なものの、少々難はあるとはいえまだ若く健康なステンくんの本当のご家族探しをしてみようと思います。

きっと、もしかしたらどこかに、ステンくんを丸ごと受け入れてくださる本当のご家族がいるかも知れない。
ステンくんの為に、希望を持って進みたいと思っています。


75332
忙しない我が家で、まずは社会性を身に着けられるよう、ステンくんをしっかりお預かりします!

ステンくんの明るい未来の為に、応援よろしくお願い致します!!

↑このページのトップヘ